神戸市

ゆかりの美術館に絨毯ミュージアム!六甲アイランドの名所をご紹介!

更新日:

前回六甲アイランドにある施設を一部紹介しました。
【その1】六甲アイランド

今回も続いて六甲アイランドの紹介です。

 


スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

ゆかりの美術館


前回紹介した小磯記念美術館、神戸ファッション美術館と共に六甲アイランドにある美術館が「神戸ゆかりの美術館」です。

港町・神戸は古くから多国籍な交流が行われていました。
海や、山を背景にかつて多くの洋風建築が存在したエキゾティックな街並みは、「国際的」「ハイカラ」「モダン」「明るく開放的」といったさまざまな「神戸らしさ」を生み出してきました。

そんな神戸の魅力に惹かれた多くの芸術家たちが、神戸を拠点に活躍し、神戸の芸術文化の発展を担うとともに、日本の美術界にも大きな足跡を残しています。

そういった神戸の地で育まれた芸術文化にふれてもらえるよう、平成19年3月23日、六甲アイランドに「神戸ゆかりの美術館」は開館しました。

神戸ゆかりの美術館では、現在活躍中の作家も含め、神戸で育まれた文化を広く紹介しています。
毎月第1・第3土曜日には、学芸員による作品解説を交えた対話型のギャラリーツアーを開催。参加者が自由に意見を交換し、楽しみながら作品への理解を深めることができます。

入館料

一般 900円
大学生 700円
高校生 500円
中学生以下 350円

営業時間

10:00〜17:00
休館日 月曜日

シルクロード絨毯ミュージアム

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

六甲アイランドの中心、六甲ライナーの駅でいうとアイランドセンター駅を下りて目の前にある神戸ファッションマートの3Fにある絨毯ギャラリー。

日本で初めてのペルシャ絨毯専門店として1976年に創業したこちらのお店に併設されたのが「絨毯ミュージアム」です。

西はトルコ、イランから東は中国、日本まで、シルクロード絨毯の貴重なコレクションを集めたシルクロード絨毯ミュージアム。
アンティークものから、いわくつきの絨毯まで、間近で手に触れることができ、また絨毯づくりの工程などさまざまな関係資料を集めて展示。

シルクロード絨毯の全貌をご理解いただけます。

入館料

一般 300円
高校生以下 無料

営業時間

10:00〜17:00
休館日 水曜日

デカパトス

アイランドセンターの次の駅、マリンパーク駅の目の前に広がるのが「デカパトス」

水遊の庭、水楽の庭、癒しの庭の3つのエリアでスリル系からリラックス系まで多彩な水遊びができる都市型ウォーターパークです。
水遊びで疲れたら大幅拡張された日陰ゾーンで、ゆっくりと体を休めることもできる。飲食ブースもあり、しっかりお腹を満たすことも可能。

メインのプールは夏場しか入れませんが、それ以外にもフットサルやスケートリンクがあり、両方とも1年中利用可能です。
しかしやっぱりプールですね。おすすめは。

流れるプールに波がくるプール、スライダーも数種類あり大人から子供まで楽しめます。
またゆったりしたい方はミストやジャグジースパ風プールなどもあるので家族連れで全員が楽しめる施設になっています。

入園料

大人 1400
高校生以下 900円
小学生 700円
幼児 400円

営業時間

10:00〜17:00
(時期によって変更有り)

さいごに

今回は様々な3種類の施設を紹介しました。
次回はショッピング向けの紹介をしていきます。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 


-神戸市

Copyright© 兵庫の車窓から・・・観光名所やスポット・名産品などの情報ブログ! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.