神戸市

神戸市垂水区の鳥八商店!そのオススメ品やアクセスをご紹介!

更新日:

とり肉は世界的に食べられている食物と有名です。
豚や牛は宗教によって禁止されている場合もあり、その他の肉は日本ですらあまり食べられていません。

日本が世界に誇るチキンラーメンも世界共有の味としてチキンを選んだくらいです。

そんなとり肉の料理といえば「焼き鳥」

今回は神戸市垂水区にある持ち帰り専門の焼き鳥屋「鳥八商店」の焼き鳥と、おすすめの逸品を紹介します。


スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

神戸市垂水区の鳥八商店

垂水区の鳥八商店

鳥八商店の所在地は兵庫県の南部、神戸市にある垂水区
都市部への交通の便に優れベッドタウンとして発展した区。

そんな垂水区の、駅前から離れた住宅地に鳥八はあります。

今ではよく言われている地産地消を古くから実践し、またイートインコーナー、つまり店内での飲食エリアを全く持たず、
持ち帰り専門の鶏肉および焼き鳥専門の老舗として地域に愛されています。

鳥八商店の特徴

そんな鳥八商店の特徴は炭火と同等の効果を得られる特殊な焼き機と、毎朝手配する新鮮な鶏肉。

鶏肉ではありませんが、同じような精肉店の中にはある程度足が進んだ(日数が経った)肉が新鮮と書かれた状態で販売されていたりします。
また、バレなければ良いという感覚で外国産を国内産としていたり。

ここの鶏肉はすべて兵庫県産の鶏肉で、古い鶏肉は一切店頭に並べないとか。

私もそれを感じたのが鶏肉の臭み。
自炊をするとき、塩水や料理酒で漬けていてもどうしても臭いがのこってしまう鶏肉。
しかし鳥八で購入したムネ肉は臭みが本当に少ない。

また張りというか弾力が強く料理の味がグンと高まります。

そんな新鮮な鶏肉しか扱っていないのが、住宅の中で営業している「鳥八商店」です。

鳥八商店のおすすめ品

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

そんな鳥八商店の中で、私が個人的に絶対おすすめする品がこちらです。

ももねぎ

一つ目は焼き鳥の王道とも言えますが「ももねぎ」です。
もも肉のジューシーさと焼いたネギの香ばしくもさっぱりした風味が見事に合って飽きの来ない逸品です。

また鳥八商店のねぎまは塩ではなくタレで焼くんですが、
このタレがめちゃめちゃ美味しい。

よくある甘辛いタレだと思いますが、コクが深いというか、味がさっぱりしていて濃厚。

ほかにも「せせり」やムネ肉の「むねみ」もタレで焼いていますが、個人的にこの、
「ももねぎ」
が最高です。

ちなみに塩だと、「ナンコツ」や「かわ」が塩だけで焼いてます。

酢鶏

二つ目は「酢鶏」
すどりと読みます。

これ、本当に最高に美味。
これがこの店の看板商品と言っても過言ではないくらい。

まず味付けが不明。
たぶんごま油を使っていると思いますし、その他いろいろな調味料、しょうゆとかなんとか使ってると思いますが、
ばつぐんに美味しい。

お酒好きは酒の肴としても良いですし、白ご飯と一緒に食べるとご飯が最高に進む。

ちなみに以前、自分の味覚がおかしいのかと思って自腹で買って知人にプレゼントしてみたりしたんですが、
その知人も例外無く美味しいと言ってくれたので間違いないです。

鳥八商店へのアクセス方法


「ももねぎ」と「酢鶏」が本当に美味しいんですが、やはり住宅地にあるので駅からじゃっかん遠いです。
アクセスとしてはバスが最適です。

JR垂水駅もしくは山陽電鉄垂水駅下車
・北側、山側に出てバスロータリー4系統5系統のバス乗り場(上高丸団地方面
上高丸団地前で下車
・下りたらバスの進行方向にそのまま約1分進むと左手に交番が見える
交番のところを左に曲がりまっすぐ進んでいく。
・1〜2分ほど歩くと下り坂になり、またすぐ上り坂になるがそのまま進む
・上り坂をのぼったら目の前に「鳥八商店」が見えてくる

さいごに

おすすめ品のうち一つは酢鶏、もう一つは焼き鳥を選びましたが、ここの焼き鳥は本当に美味しくて。
「ももねぎ」を選びましたが他の焼き鳥もほんとうに絶品。

またコロッケなどのフライも美味しかったりします。
店は町のお肉屋さんという雰囲気ですが、手を抜かず誠実に味を追求して提供しているから長く愛されているのでしょうね。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 


-神戸市

Copyright© 兵庫の車窓から・・・観光名所やスポット・名産品などの情報ブログ! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.