神戸市

神戸空港にどうぶつ王国!ポートアイランドの観光地をご紹介!

更新日:

ポートアイランドといえば六甲山の土を使って造った人工の島で、当時「山、海へ行く」というキャッチコピーが有名になりました。

人工島のポートアイランドが造られたのが1981年。
30年以上が経ったいま、そのポートアイランドにはなにがあるのでしょう。

今回はそんなポートアイランドの特徴観光スポットをご紹介します。

 

その他の神戸市はこちらのページです

 

【まとめ】神戸市の紹介ページまとめ【まとめ】


スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

ポートアイランドの特徴

始まりはポートピア81

上記にも書きましたが、ポートアイランドが造られたのは1981年。
昭和56年ですね。

 

当時日本で初めて都市機能を持つ人工島として誕生したポートアイランドは、同年1981年に街開きイベントとして「ポートピア81」を開催。

ポートピア81は大阪万博以来の大成功と言われ、今となっては主流となった地方都市の博覧会の走りとも言われています。

 

現在のポートアイランド

もともと土地ではない海に造られた人工島は神戸大橋で本州とつながり、広大な敷地に整備された道路がいまもメインに活用されています。

 

国際会議場やホール、ホテルなどのコンベンション施設が集まる人工島ポートアイランドには、
ショッピング複合施設や大型インテリアショップ、プラネタリウムを併設したバンドー神戸青少年科学館、夏は大型プール、冬はアイススケートができるポートアイランドスポーツセンターに、鳥や動物、花と触れ合える神戸どうぶつ王国など世代問わず楽しめる施設が満載。

 

また、南側にある神戸空港には、ターミナル内にレストランやおみやげ店があり、屋上階からは、海や滑走路、市街地、六甲山が一望できる神戸の新名所です。

 

また三宮からポートアイランドそして神戸空港へ行く際は、世界初の無人運行のポートライナーがおすすめです。 車内から見える景色も海を感じて大変有意義な体験ができるでしょう。

神戸空港

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

神戸の地方空港、神戸空港

神戸空港は関西を代表する空港の一つです。

関西の空港といえば関西国際空港。略して「関空」ですね。

関西の国外便は関空のみなので海外旅行の際は関空になりますが、国内便だと神戸空港がよく使われています。

 

2006年に開港した神戸空港と同時にオープンした「神戸空港ターミナル」
その屋上の展望デッキからは飛行機や滑走路が間近に見れます。

いまにも離陸しようとする姿が本当に目の前で楽しめるので週末には家族連れやお子様がはしゃいて楽しんでいたり。

また神戸の市街地や六甲山の眺望も楽しめます。これ本当におすすめ。

ターミナル内には、カフェやレストラン、神戸スイーツのお店も充実。

各線三宮駅からポートライナーで約18分というアクセスのよさもあり、空港利用者だけでなく、地元の人々や観光客が訪れる新たなレジャースポットとして人気を集めています。

 

そしてなんといっても良い意味で神戸空港の狭さが利用しやすい。

大型の空港だと端から端まで歩いてもけっこうな距離、時間がかかったりしますが、

神戸空港は軽く歩くだけで一周できます。

その中にお土産屋も数店舗、飲食店もどこに入ろうか迷う数がテナントとして入っている。

 

空港が観光スポット?と当初は思ったりもしましたが、屋上から楽しめる景観と楽しめるお店もありおすすめと言われるのもわかります。

 

そんな神戸空港と繋がっているのは東京を含めて北海道に沖縄、東北は仙台も。

鹿児島や長崎、茨城も。

 

東京以外は新幹線や特急などで1本でいけないような場所と航路を作っているんですね。

 

神戸空港の場所


神戸空港には車か、ポートライナーになります。
ポートライナーだと三宮駅から1本で行けます。

片道330円です。

神戸どうぶつ王国

自然豊かなどうぶつ王国

神戸どうぶつ王国は花と動物と人とのふれあい共生パーク。

元々は「神戸花鳥園」という名称の花と鳥のテーマパークでしたが、鳥以外のどうぶつも増やしてリニューアルしたのが神戸どうぶつ王国です。

15,000㎡の広大なグラスハウスと10,000㎡ほどの開放的な屋外エリアに、年間通して1,000種類、10,000株のベコニアやフクシア、インパチェンスなど様々な花々が咲き誇り、100種600頭羽の動物たちが共存する動植物園。

熱帯性のスイレンや、ベゴニアなどのハンギングフラワーが皆さんを出迎え、珍しい鳥たちやカピバラ、アルパカなどの動物たちとふれあいも楽しめます。
また動物の身体能力や知能の高さを間近で見ていただけるバードパフォーマンスショーやドッグパフォーマンスショーなどを毎日実施。 園内は全天候型で、雨の日でも安心して楽しめます。

 

また、バリアフリーに配慮したフラットな地形で、障がい者対応トイレ(だれでもトイレ)も完備。家族や友達みんなで楽しめるスポットです

野外はもちろん室内施設もあるので雨の日でも楽しめるようになっていて、

またどうぶつとのふれあいが楽しめるのもおすすめの理由の一つですね。

 

ちなみにこちらにも詳細を書いています。

神戸どうぶつ王国

 

神戸どうぶつ王国の場所


どうぶつ王国も神戸空港と同じくポートライナーですね。
最寄り駅は「京コンピュータ前」駅
あの有名なスーパーコンピューター京がある場所です。その目の前に神戸どうぶつ王国があります。

さいごに

ポートアイランドには他にも観光スポットが多数あります。
次回は他のものも紹介していきましょう。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 


-神戸市

Copyright© 兵庫の車窓から・・・観光名所やスポット・名産品などの情報ブログ! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.