神戸市

神戸の中華街!南京町!おすすめグルメやアクセス方法をご紹介!

更新日:

日本の有名観光地の一つに「中華街」があります。

 

全国には中華街と呼ばれるエリアがいくつかあり、代表的なのが横浜長崎神戸だそう。

 

 

今回はその神戸の中華街、南京町の紹介をします。

 

 


スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

神戸南京町の特徴

中華一色の造り!

首都圏のテレビなどで横浜の中華街がよく映されるからなのか中華街と言えば横浜の固有の名称と思われがちですが、長崎も中華街、実は神戸も中華街と呼ばれます。

 

 

しかし神戸の中華街はもっぱら南京町という通称が主に使われていますね。

 

 

神戸港の開港と同時に発展した南京町は戦争の空襲で廃れたのち、今のエリアが神戸市の区画整理事業の対象となったことから復活したとのこと。

 

 

街を復興させようとする当時に名称統一ということで南京町(なんきんまち)と呼ばれるようになったとか。

 

 

そんな南京町ですが、同じ横浜や長崎の中華街とじゃっかん雰囲気が異なります。

 

これは横浜や長崎の中華街と南京町を比べた事がある人なら感じることだと思いますが、
南京町は、なんというか、すっごい密集しています。

 

 

もう、中華!!!という感じで中華が一カ所に集まっている感じ。

 

 

 

 

横浜の中華街も長崎の中華街も「中華」色はありますし、横浜なんて面積は神戸の南京町よりかなり広い。
長崎の新地中華街も十字路で独特な雰囲気を持ってはいます。

 

 

 

ですが、神戸南京町は、狭いそのエリアに、中華色が一転集中していて、とにかく濃いんです。
まるで小さいのに濃厚なチョコレートのような感じ。

 

 

 

そんな中華街が神戸の南京町です。

 

 

 

駅に近い!

また大きな特徴としては、駅の目の前にあり交通の便が非常に優れている点もあります。

 

 

最寄り駅の元町駅から徒歩5分もあればすぐに南京町の入り口とも言える長安門が見えてきます。

 

 

ほかの地域の中華街が中心部より少し離れているのが多いなか、神戸の南京町は中心部の三宮から徒歩でもいけるし、もう一つの繁華街神戸駅からも行ける距離です。

 

 

観光地ってけっこう交通の便が悪かったりしますよね。

 

 

やっぱり周囲の外観を維持するために開発工事ができなかったり、した結果外観が残念な観光地になったりするんでしょうが、

南京町はひとたび長安門をくぐると駅前なのに都会の雰囲気とはまったく異なる顔を表してきます。

 

 

 

これは非常に珍しい観光地の特徴とも言えます。

 

 

 

南京町のおすすめグルメ

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

メインは食べ歩き!

肉まんの老祥記!

南京町での楽しみ方はなんといっても食べ歩きでしょう。
ほとんどの飲食店が店頭で串やら肉まんやらを売っていて、みんな好きなのを買って食べながら南京町を探索していたりします。

 

 

どれもけっこう美味しくて好き何ですが、やっぱり観光として南京町に来た際にぜひ食べてもらいたいのが、
「老祥記」の肉まんですね、やっぱり。

 

 

ここは平日でもかなり並んでいます。週末ともなると並んでいる列がくねくね曲がって、それでも列が途切れないくらい。

 

たしかにここでしか食べれない肉まんとなると並んででも食べる価値はあると思います。美味しいですしね。

 

ただ、その並んでいる行列は持ち帰りの列だったりするので、タイミングが良ければ店内で食べるとなると入店してすぐ食べれたりします。

 

 

たしか最小単位が3つだったと思いますが、イートインでも問題ない場合はおすすめします。

 

 

 

ビュッフェの悦記!

あとおなか一杯になりたいなら「悦記」といお店があります。
食べ放題のランチバイキングをやっているので大食漢の男女の方はいかがでしょうか。

 

価格は本当に財布に優しい価格です。ですがお味は本格的な中華料理の味付けをしておりちゃんと楽しめます。

 

私が行ったときは店員のサービスレベルは価格に見合ったレベルでしたが、これも「あえて悪いところを言うなら」というレベルですので、
普通に気にせず食事を楽しめるでしょう。

 

 

だからといって他の店頭に並んでいる食べ物が美味しくない訳でもないですし、
たとえば豚の角煮バーガーなんてほとんどどこのお店のを選んでも外れなく美味。

 

小籠包もやけどに注意さえすれば最高に美味。
水餃子なんてもう…本当に美味です。

 

 

そういえば注意点というほどではないですが、ウェットティッシュや、せめてポケットティッシュは持参している方が良いかもしれません。
食べていて手や指が脂で汚れるケースがたまにあります。

 

せっかくの観光なので部屋着などではないでしょうし、カバンから財布を取り出す時とかに服やカバンや洋服が汚れたらせっかくの楽しい食べ歩きが悲しくなります。

 

 

=外伝=クレープのヒステリックジャム!

あと南京町ではありませんが、「ヒステリックジャム」というクレープ屋さんがあります。

 

ここ、関西ローカルの番組に何度も出ているお店で、本当にクレープが美味しい。
チェーン店じゃないクレープ屋さんで美味しいと感じたのはここと、北野異人館のクレープ屋さんも美味しいですね。

 

 

話がそれましたが、関西で肉まんなら551の蓬萊がありますし、中華バイキングもけっこうなお店がやっていたり、
クレープ屋さんなんて神戸以外でも食べれます。

 

それでもここにしかないお店でここでしか味わえない味ですし実際ここの肉まん、バイキング、クレープは美味でした。

 

 

神戸南京町へのアクセス方法

南京町へのアクセス方法ですが、ここけっこう駅から近い。駅前といっても言い過ぎじゃないと思います。
ただ駅から見える角度ではないんですが。

 

 

最寄り駅はJR元町駅

 

検索してみたら「元町駅」は全国に兵庫県以外にもあるみたいですね。

そんなJR神戸線の元町駅、改札が西口と東口の二つあります。

東口の改札を出ます。

東口改札を出て右に曲がると目の前に交番があって、その前に道路を渡る横断歩道が。

横断歩道の向こう側ずーっと奥に、なんか丸みを帯びた独特の形をした神戸大丸が見えてきます。

その神戸大丸まで進んで行くと右手に南京町の入り口が見えてきます。
もう一目見てすぐ分かるでしょう。
めちゃくちゃ中華っぽい入り口ですので。

 

 

あと神戸南京町のマップサイトがありましたので載せておきます。

南京町ストリートマップ

 

 

 

まとめ

もともとは日本に住んでいる華僑の方々が集まってできた街が中華街の原型だそうです。

 

 

 

そんな中、住まいは別にして商業施設のみを集めたのが神戸の南京町。
その結果ほかの中華街とは違った、エリアにお店が密集した独特の魅力を放つ街が形成されていったと聞きました。

 

 

神戸南京町に来たらぜひいろいろなお店に入って、見て、食べてたくさんお土産話を作ってみて下さい。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 


-神戸市

Copyright© 兵庫の車窓から・・・観光名所やスポット・名産品などの情報ブログ! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.