神戸市

神戸の観光地メリケンパーク!ポートタワーとその周辺をご紹介!

更新日:

神戸のランドマークといえば神戸ポートタワー

 

神戸の写真など観光案内にも使われている赤い鉄塔で地元の小中学校がよく遠足や野外活動で利用したりしています。
ですがポートタワーが現在のような特徴ある赤色になるのは当初の予定とは違ったそうです。

 

 

またポートタワーと並んで観光スポットにもなっている独特なフォルムのホテルもランドマークとして有名です。

 

 

 

今回はそんな神戸一とも言える観光名所、メリケンパークを紹介します。

 


スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

神戸ポートタワー

神戸ポートタワーの歴史

神戸のシンボルでもある観光名所、ポートタワー

今でも色あせぬ美しいデザインのその建造物の歴史は1963年、昭和38年から始まりました。

 

 

千円札の人物が聖徳太子から伊藤博文に変わり、日本で初めての高速道路となる名神高速道路が開通した昭和38年、神戸ポートタワーは開業。

 

 

 

108mという高さを持つポートタワーはその後、世界一の貿易量を誇った神戸港の発展をその美しい姿で見守ってきました。

 

 

建設されるきっかけとなったのは、いまも神戸港の発展のため尽力している神戸港振興協会の当時の協会の会長、そして当時の神戸市長が海外視察の際に見たロッテルダムの建造物を見て発想が生まれたと言われています。

 

 

当初はふ頭にあったポートタワーも周辺が六甲山の土で埋め立てられたため現在はメリケンパークの中心付近へと移りました。
いや、移った訳ではないですね。勝手に海岸が遠のいて行ったのでした。

 

 

そして現在は象徴的な赤いその姿を旅行サイト等で表し、神戸を代表するスポットとしてその名を轟かせるようになりました。

 

 

 

夜を彩るライトアップ

そうやって50年の年月を経、外からは和楽器のような外観のタワーは7040個のLED照明で夜を照らす様を、内側からは海は港と市街地、山はそびえ立つ六甲山脈を楽しめる観光スポットとなりました。

 

 

ちなみに地元の小学生が遠足に行った先でお絵描きをする場合、けっこうな確立で神戸タワーが描かれていたりします。

 

 

 

そしてやはり神戸ポートタワーの魅力の一つにライトアップがあります。

 

 

 

夜間に輝くその姿は周囲のライトアップに負けず劣らずアピールし、その高さを活かして港を凛々と輝かしています。

 

 

 

昭和38年から半世紀以上、今やポートタワーは神戸を代表する一番の名物スポットとなりました。

 

 

 

神戸メリケンパークオリエンタルホテル

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

独創的なデザイン

神戸ポートタワーと並び独特な外観のホテルが神戸メリケンパークオリエンタルホテル

 

 

本来はホテルですので宿泊施設です。

 

ですがその独特なフォルムが観光名所として扱われているのも事実です。

 

 

 

もともとは海から競り上がる白い波を表し、港町らしいデザインをイメージして建てられたと聞きます。
…と言ってますが、子供のころはずっとかまぼこみたいなホテルと親に言ってましたけどね。
ちなみにさっき検索してみたら、「神戸 ホテル かまぼこ」で出てきました。やっぱりみんな考えることは同じですね。

 

 

 

しかしこのホテルは建造当初から本当にすごい。

 

 

 

近くにある神戸ポートタワーの魅力を殺さないように高さを抑えており、
また神戸海洋博物館の形に合わせて美しい曲線を描くようなデザインで建造されています。

 

 

 

 

つまりポートタワーと海洋博物館とこのホテルでデザインを調和しているんです。

 

 

 

また夜間のライトアップも美しいエメラルドブルーでその曲線美を浮かび上がらせ、
メリケンパークの夜景を高めています。

 

ホテルの歴史

またホテルの品質としては日本最古のホテルでもあるオリエンタルホテルの姉妹ホテルとして1992年に着工。

ホテル開業は1995年の7月15日。

 

 

海に面しているホテルとして、日本のホテルで唯一、灯台を設置していて、現在もクルージング船がホテルの前に停泊するように海の玄関として活躍しています。

 

 

また都市伝説ですがクリスマスイヴの宿泊予約は半年前からもうとれないという噂も。

 

 

都市伝説は噂としても、デザイン性はもとより目の前が海で宿泊部屋によっては山も満喫できるこのホテルは港町神戸を十二分に満喫できるホテルと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

神戸海洋博物館

船の歴史を学べる博物館

神戸海洋博物館はその名称が表す通り、船舶や港の仕組み、役割、船の歴史などが展示されている博物館です。

オープンは1987年。

 

歴史としてはポートタワーと比べてまだまだ若年ですが、神戸港が開港した120年を記念して開館した建物で、古い歴史から時代とともに移り変わる港や街並の様子、航海に必要な船具などが展示されています。

 

 

施設内は本当に専門的で、同じようなデザインの船が並んでいたりしますが説明文を読むと全くことなる技術を用いた船だったり、

 

 

その時代でないと建造できない技術だったりと、航海術や貿易、海に関わる方だったら本当に目から鱗の博物館でしょう。

 

 

帆船をイメージした外観

またその外観は大海原を駈け走る帆船の帆をイメージし、イメージカラーは白。

 

 

内部の展示物はもとより外部からも船を楽しめる造りとなっています。

 

 

また周辺の神戸ポートタワーやオリエンタルホテルと並んで高さの強弱や曲線の流動性が一体感を持っており、

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

メリケンパークの美しさを彩る一つのパーツとしての役割をもっています。

 

ちなみにこの建物の裏には巨大なクジラのオブジェもあります。

 

 

これも美しい名所の一つとも言えるでしょう。

 

 

メリケンパーク

 

そしてこれらが点在し、空間そのものが観光名所となっているのが神戸のメリケンパークです。

 

 

近年リニューアルして美しくなったメリケンパークですが、神戸の代表ともなった神戸ポートタワーの赤、それにメリケンパークオリエンタルホテルのライトアップされるエメラルドブルー。

そして神戸海洋博物館の白と、メリケンパークは常にこの3つの建造物が三位一体となって計算されて開発されてきました。

 

 

 

その結果、いまでは神戸を代表する観光スポットになってます。

 

 

 

 

独特なデザインで観光名所となったメリケンパークオリエンタルホテル
ランドマークとして様々な写真や広告にも使われるポートタワー
近くでみるとその巨大さがわかる海洋博物館

 

 

メリケンパークは2017年に改めてリニューアルオープンされ、神戸港開港150周年の式典も開かれました。
新しく「BE KOBE」というオブジェもでき、広いスペースが存分に活かされた作りになりましたが、
改めてこの3つの建物が存在感を増すようになりました。

 

 

神戸に遊びにきた際はぜひとも立ち寄ってみてください。

 

 

メリケンパークの場所

 

ちなみに神戸海洋博物館の中にはカワサキワールドが入っています。面白いですよ。

 

 

 

さいごに

メリケンパークの片隅にあるエリアがあります。

 

 

そこだけ清掃がされていないかのような、ちょっと他とは違った雰囲気の一角。

 

 

 

 

1995年1月17日。

 

 

明石海峡を震源とした阪神・淡路大震災が発生。
世界一の貿易港として栄えていた神戸に甚大な被害を与えました。

 

 

 

その当時の面影を残しているのがメリケンパークの一角にあるエリアです。

 

 

ひび割れた道路や壁、傾いた電灯。

 

 

今でも外国人観光客が足をとめ、当時の震災の跡を眺めている光景が有ります。

 

 

神戸港震災メモリアルパークがリニューアル後も残っていて本当に良かった。そう思います。

 

 

すこししんみりしましたが、旅先で神戸に立ち寄った際はメリケンパークに足を伸ばしてみるのをおすすめします。

昼と夜でガラリと印象が変わるそのメリケンパークの姿に感動してもらえると思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 


-神戸市

Copyright© 兵庫の車窓から・・・観光名所やスポット・名産品などの情報ブログ! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.