神戸市

須磨水族園のアクセス方法や営業時間は?入園料は?須磨区の概要も!

更新日:

 

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。

有名な平家物語の句ですね。

 

 

源氏と平家に分かれて争われた源平合戦でも有名な平家の栄枯盛衰を描いた物語ですが、その平家と源氏の有名な合戦場の一つ、一の谷の戦いの舞台が今の神戸市須磨区になります。

そんな歴史の地でもありながら、山の景観と広い海を一望できる須磨区を今回ご紹介したく思います。

ちなみにこちらも紹介してます。
北区の紹介
西区の紹介
垂水区の紹介

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

須磨区

須磨区の概要

須磨という地名は、六甲山系の西端、鉢伏山・鉄枴山が海に迫る平地のすみで、畿内の西すみに位置するため「すみ」がなまって「すま」になったといわれています。

須磨は、古い歴史を持ち、阪神・淡路大震災による壊滅的な被害から復興した既成市街地と、住宅や公園・公共施設などが計画的に配置され、調和のとれたまちとして昭和40年代から入居が始まったニュータウン、都市近郊に今も田園風景を残す農業地域、これらの地域を森・川・海が包み込むように構成されています。

区内には白砂青松の須磨海岸や須磨アルプス、妙法寺川などの身近な自然環境がまちに隣接し、源平合戦や源氏物語などの歴史、文学を語る史跡、名所がいたるところにたたずみ、古から風光明媚な住みよい土地柄としても知られています。

また、須磨には白砂青松の須磨海岸と須磨海浜公園、須磨浦公園、武庫離宮跡として知られる須磨離宮公園、日本最大級の広さを誇る「ほっともっとフィールド神戸」や「ユニバー記念競技場」などがある神戸総合運動公園、奥須磨公園、須磨寺公園など美しい公園が数多くあり、広く市民の皆さまに親しまれています。

須磨区の生い立ち

須磨は、昔、八部郡須磨村と呼ばれ、妙法寺・多井畑・車・白川・東須磨・西須磨・大手・板宿・西代・池田の10か村を含む大きな村落でした。明治29年に武庫郡に編入され、明治45年に須磨町となった後、大正9年4月に神戸市に編入され、昭和6年9月に区制が敷かれて須磨区になりました。
昭和52年6月には名谷団地を垂水区から編入し、須磨区役所北須磨支所(福祉事務所、保健所の支所も併設)を開設しました。昭和60年2月には、神戸総合運動公園、神戸流通業務団地を垂水区、西区から編入しました。

須磨水族園

須磨水族園はこんなところ

須磨の水族園は阪神間で随一の海水浴場のすぐそばに立地し、サメ・エイなどがゆうゆうと泳ぐ「大水槽」、イルカたちが華麗な技を披露する「イルカライブ館」、水中トンネルがある「アマゾン館」、ふれあい広場を併設した「アザラシ・ペンギン館」などの施設があります。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

自然環境の中で水族たちがどのように生きているのかを理解できるよう”生きざま展示”を基本的なコンセプトとしています。また、好きな展示館に自由に出入りしたり、時には自然の緑の中で憩いを感じたりと、「館」ではなく「公”園”」感覚で楽しめるつくりになっています。

須磨水族園の定休日や料金

【3月から11月】無休
【12月から2月】水曜日(年末年始・祝日は営業)

18歳以上:1300円
15歳以上:800円
14歳以下:500円
幼児は無料です。

須磨水族園へのアクセス

須磨海岸

須磨海岸はこんなところ

白砂青松の美しい須磨海岸は、レクリエーションゾーンとして若い世代から家族連れまで多くの人々に親しまれています。夏には阪神間から一番近い海水浴場として海の家がたちならび、また海岸をイルカが泳ぐ「須磨ドルフィンコーストプロジェクト」が実施されるなど、多くの来訪客でにぎわいます。

須磨海水浴場は、阪神間から一番近い海水浴場で、夏には海の家がたちならび、多くの海水浴客が訪れます。若い世代から家族連れまで幅広く愛されており、北側に隣接している海浜公園では松林の中の散歩なども楽しめます。

須磨海岸の開催期間

平成29年の海水浴期間は7月13日(木曜)から8月31日(木曜)です。
海水浴場開設期間以外でも須磨海岸へは自由に出入りしていただけます。
より安全・より快適に海水浴を楽しんでいただくため、須磨海水浴場の開設期間中は、ライフセーバーが配備され、また、海の家が設置されます。

須磨海岸へのアクセス

さいごに

地元民からしたら須磨といえば海水浴場と水族園のイメージが強いので紹介しました。
次回も須磨区の紹介です。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 


-神戸市

Copyright© 兵庫の車窓から・・・観光名所やスポット・名産品などの情報ブログ! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.