神戸市 食事・カフェ

神戸モザイクで一度はおすすめしたい!出石そばの花水木!

更新日:

JR神戸駅から近くにある商業施設。モザイク

 

ハイカラ(?)な雰囲気を醸し出す外観とどこか異国の雰囲気を感じれる敷地内の風景は週末ともなると旅行者や地元の人々で多くの人が賑わっています。

 

そんな場所なので飲食店も多数。

 

手軽なファーストフードや大手ハンバーグチェーン店もあれば、お好み焼き、イタリアン、和食に中華と様々な店舗がテナントとして入っています。

 

そんな中、今回は、同じ兵庫県の北部、豊岡市出石町(いずしちょう)の郷土料理でもある出石そばのお店「花水木」を紹介します。


スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

出石そばの歴史

但馬の小京都

下記ページにも書いている通り、兵庫県は瀬戸内海と日本海と2つの海に面した珍しい県です。

 

兵庫県の特徴

 

そのため南北に長く、また山々に囲まれているせいもあり、北部と南部では移動がしにくいのも事実です。

 

そんな兵庫県北部にある豊岡市の出石町

元出石藩の城下町で、現在も残る町並みは但馬の小京都とも呼ばれるほど。

 

実は地名でもある出石町は古事記や日本書紀にも名前が見える歴史の古い町です。

 

但馬開発の祖と言われる新羅の王子、天日槍(あめのひぼこ)が拓いたと伝えられ、天日槍の宝物だった「出石小刀」が町名の由来といわれています。

 

わんこそばとの違い

そんな出石町の郷土料理でもある出石そば(いずしそば)の特徴は、小さな小皿に小分けしたおそば。
一見、東北名物わんこそばのような感じですが、由来が異なる。

大勢のお客さんをそばでもてなすため、少しずつそばを入れ、食べている間にそばを湯でておかわりを出す風習からできたわんこそば。
出石そば小皿で提供する形式は幕末の時代、屋台で出す時に持ち運びが便利な手塩皿(てしょうざら)におそばを盛って提供したことが始まりと言われています。

 

そんな兵庫県北部の郷土料理、出石そばが出石町のある兵庫県北部ではなく、兵庫県南部の神戸市、モザイクで味わえます。

花水木の出石そば

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

豪華の一人前

神戸のモザイク。
週末のお昼時、快晴というのもあってモザイクの通路は多くの人でごった返していました。

 

どこのお店に行っても満席で店頭で座って待っている組がちらほら。

 

そんな中選んだお蕎麦屋さん。花水木

特に蕎麦が食べたくて入った訳ではなく、どちらかというとさっぱりした食べ物が欲しかったという、そんな軽い気持ちで入店したんですけどね。

 

そんな中注文したのがこちら。

はい豪華。これで一人前です。

 

こちらのお蕎麦は一人前5皿だそうです。
私が注文したのはミニ丼とのセット。

 

壁にこのような食べ方心得的なのも。

 

なにぶん出石そば自体初めてだったので食べ方はこの通りに。

 

異なる5つの味

 

食べた感想は…

 

 

これ本当に味わいが変わる。

 

最初の、つゆとネギ+わさびは一般のよくある味わい。

そばの風味が口の中に広がる。

 

そして次の大根おろし。これが本当にめちゃうま。
大根おろしってほんと万能調味料ですね。そばの風味を殺さず逆に飛躍的に活かして味を高めてくれた。

 

 

そしてとろろ

これがまたそばをそそる時のなめらかさを増してとろろの味が本当に美味しい。

 

ほんとう大根おろしを入れて…とろろを入れて…と次のステップに移るたびに味が変わっていく。

 

最後のもなんだかとろみがあるモノが合いそうだと思いました。

 

そばを食べ終わると注文時に聞かれていたそば湯を持ってきてもらい、残ったつゆに少量入れて飲みます。

 

これも最後に入れた卵がアクセントとなり非常にさっぱりと味わい深いスープへと変わります。

 

とにかく本当に5皿全部が異なる味でおそばを楽しめる出石そばでした。

花水木へのアクセス


お店へのアクセス方法です。

NORTH MALLおよびSOUTH MALLから来たパターン

 

神戸駅からやってくるときにある、大型のピタゴラスイッチみたいなのがある建物のことです。

 

この場合は2階の連絡通路を渡ってくるパターンです。
・連絡通路を渡って右に曲がる前方、左、右と分かれている正面の広場の場所です)。
・そのまままっすぐ歩いてすぐ左手に発見できます。
めっちゃ案内短く済みました。

 

 

アンパンマンミュージアムのある方面から来たパターン
こちらはumieと書かれている建物を通らず地上を歩いてきた場合です。俗にいうアンパンマンストリートですね。
階段で2階へ
・右にアンパンマンミュージアムの入り口がある場所で、左に曲がるモザイクのメインストリート、太陽通りです)。
・1つ目、2つ目の左へ曲がる道を通り過ぎ、3つ目の角を左に曲がるどんぐりガーデンの手前です)。
曲がってすぐ左手に発見できます。

 

モザイクのような商業施設の場合、テナントが数ヶ月のうちに若干入れ替わっていたりするケースがあります。
ですので店舗名で説明を避けたのですが、分かりにくいですよね。

 

こちらにモザイクのアクセスマップを置いておきます。

フロアマップ
ここの2階、「26番」が「花水木」です

まとめ

モザイクには神戸○○と書かれたお店のほか、多種多様なお店が多数点在してます。

 

毎回立ち寄った際の食事に悩んだりもしますが、この花水木の出石そばは一度は食べてみても絶対に損はしないと思います。

 

特に日差しの強い日なんかにはおすすめです。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 


-神戸市, 食事・カフェ

Copyright© 兵庫の車窓から・・・観光名所やスポット・名産品などの情報ブログ! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.