淡路市

淡路ONOKORO(オノコロ)の入場料金や閉園時間は?子連れで楽しめる?

更新日:

淡路島の観光と言えば、海、魚というのが一般的なイメージです。

 

他には洲本市の温泉、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)を祀る伊弉諾神宮をはじめとする国産み(くにうみ)神話なども有名ですが、やはり観光で一つ忘れてならないのが遊園地です。

 

全国区としてはあまり有名ではないかも知れませんが、淡路島には「淡路ワールドパークONOKORO(おのころ)」という遊園地があります。

今回はその「ONOKORO(おのころ)」を紹介します。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

  

淡路ワールドパークONOKOROとは?

ONOKOROを紹介!

淡路ワールドパークONOKORO(オノコロ)は、淡路島にあるテーマパークです。

 

世界の有名な建造物や遺跡などを25分の1サイズに立体再現した「ミニチュアワールド」は、とてもリアルで、まるで世界旅行を味わっている気分になるほど。

 

その他にも、空中を一気に滑走するスリル満点、新感覚アトラクション「ジップラインアドベンチャー」「3階建て立体迷路」、海を眺めながら大人40人がゆったり入れる「海の見える足湯」などが人気。

ONOKORO_MAP

また園内いっぱいにある様々なアトラクションのほか、レストランでは地元の新鮮な農水産物を使った四季折々の淡路島グルメを、

そのほかお香や吹き戻しなど淡路島特産品が作れる体験教室などもあるので家族連れでもカップルのデートでも楽しめるテーマパークです。

 

 

アトラクションは何があるの?

ONOKOROにはさまざまなアトラクションがありますが、ざっと一覧です。

 

・ジップラインアドベンチャー:空中を一気に滑走する新感覚アトラクション!
2,500円/1人
・芝すべり:シンプルだけどどこか懐かしい芝すべり!
400円/1ソリ (4歳以上)
・アクアチューブ:エアーチューブの中に入り水の上をぐるぐる回れます!
600円/1人 900円/2人 1200円/3人
・シューティングレンジ:約30種類のエアガンから選んで射撃を楽しめます!
300円~(エアガンにより値段が異なります)
・ワールドクルーズ:ゴンドラに乗って川の上を進みミニチュアワールドを楽しみます!
400円/1人 (4歳以上)
・メリーゴーランド:説明不要の王道!
400円/1人 (4歳以上)
・大観覧車:高さ60メートルを誇る観覧車はONOKORO園内を一望でき、遠くは大阪湾までも!
500円/1人 (4歳以上)
・ファンタジートレイン:汽車に乗って中央にある童話の森を探索します!
400円/1人 (4歳以上)
・フレンチカフェ:王道のコーヒーカップ!
400円/1人 (4歳以上)
・ウォーターショット:水鉄砲でいろんな的を撃ちぬこう!
400円/1人 (4歳以上)
・ベイサイドカート:大人も子供も大好きゴーカート!
600円/1人 (4歳以上)
・エコ列車:園内をゆっくり周遊する汽車ですポッポー!
300円/1人 (4歳以上)
・ロマンチックドライブ:童話の森の奥にあるスペースでクラシックカードライブ!
300円/1人 (4歳以上)
・キッズランド:お子様向けの乗り物がたくさん!
各乗り物により異なります。
・フロッグホッパー:ピョンピョン飛びます!
400円/1人 (3歳以上)
・ウォーターパレード:水です!
400円/1人
・3階建て立体迷路:木造でできた3階まである立体迷路!クリアできるか!?
500円/1人 (4歳以上)
・マイナス20度の世界:マイナス20度の世界を体験できる!
400円/1人 (4歳以上)
・おっとっと:まっすぐ立てない不思議な世界へようこそ!
300円/1人 (4歳以上)
・ゾンビの館:怖がりの人は絶対にやめたほうがいいです。
500円/1人

 

 

入場料金・営業時間は?

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

通常料金: 大人1200円・小学生以下600円

営業時間: 開園9:30(平日は10:00)閉園17:3010月から2月の冬の時期は17:00閉園)

 

お得なのりものフリーパス

また園内のアトラクションは有料ですがフリーパスがあります。2500円。

 

園内16機種のアトラクションが乗り放題。 16機種というとほとんどすべて。

 

大型アトラクションのジップラインアドベンチャーを含めて一部は対象外ですが、 どれが対象かは公式サイトで紹介してます。

フリーパス対象アトラクション

出展:公式サイト

 

こちらのページでフリーパスOKとあるのがすべて対象です。

 

こう見るとわかりますがフリーパスだけでほとんど楽しめるのがわかります。

 

 

アクセス方法

車の場合

高速道路の津名一宮ICより約15分

 

本州からだと明石海峡大橋を渡ります。

今ではほとんどの車についていますが明石大橋はETCカードが必須と言ってもいいくらい現金払いだと高額になります。

レンタカーを使う場合もETC可を借りましょう。

電車・バスの場合

最寄りのバス停は「ワールドパークおのころ」で下車。もう目の前がおのころです。

「ワールドパークおのころ」バス停までは、大阪梅田駅もしくは三ノ宮駅からの高速バスで一本、またはJR神戸線の舞子駅から出ている高速バスでも行けます。

梅田ーワールドパークおのころ

三宮ーワールドパークおのころ

JR舞子ーワールドパークおのころ

 

さいごに

家族連れでもカップルでも楽しめるワールドパークおのころ。

大人でも童心に戻って楽しめる作りが盛りだくさんです。

 

ココに行くために淡路島に行くのでもおすすめですよ。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 


-淡路市

Copyright© 兵庫の車窓から・・・観光名所やスポット・名産品などの情報ブログ! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.