明石市 食事・カフェ

明石市の水族館トイレのある喫茶店へのアクセスは?女性限定で入店条件がある?

更新日:

明石市で観光名所といえば明石公園に海の幸が並ぶ魚の棚、柿本人麻呂とゆかりのある柿本神社などさまざまあります。

明石の名称が使われている明石大橋もそうですね。

ですが、もう一つ素晴らしい名所があります。

規模は小さいですが、これは一見の価値ありです。

注意点は女性限定というところですかね。

明石にある喫茶店「ヒポポパパ」に水族館トイレがあります。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

  

ヒポポパパってなに?

むかしはムーミンパパ?

ヒポポパパは明石市の海岸沿いにある喫茶店の名前です。

 

もう30年以上もやっている歴史あるお店で、オーナーのあだ名が昔からムーミンだったそうで昔は「ムーミンパパ」という名前で営業していたみたいです。

2016年からムーミンがカバに似ているからヒポポタマス(英語でカバ)から名前をとって現在の名前になったみたいですね。

 

店内は1階フロアのみ。

 

テーブル席のほかに窓際には横並びに座るカウンター席があるんですが、このカウンター席は仕切りの付いたカップル席もあり、目の前はオーシャンビュー。

海水浴場の林崎松江海岸(はやしざきまつえかいがん)が広がっており、遠くには淡路島も。

夏は海水浴の客でにぎわうスポットを一望しながら食事が楽しめる隠れ家的な喫茶店です。

 

噂の水族館トイレ

そしてこのヒポポパパを一躍有名にしたのがトイレ

店の前の看板でも「日本初の水族館トイレ」と書かれているように、ここはトイレ目当てで来店する客もいるほど。

 

水槽の広さ6畳、深さ2m、水量は16トンという前代未聞の仕様に多くの建築業者に断られ続けながらも完成した水族館トイレ。

 

出入口以外の三方+天井に水が張られ中に魚たちが気持ちよさそうに泳いでいるんです。

って書いていてもイメージしにくいですよね。

 

ということで行ってきました。

 

ヒポポパパ行ってきた。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

最寄りは林崎松江海岸駅

山陽電鉄の林崎松江海岸駅を下車して、南に進むと、駅名そのままの海水浴場、林崎松江海岸にたどり着きます。

夏場は駐車場に海の家にレンタルうきわに有料シャワー室エトセトラetc.

そんな海岸沿いにあるのですが、なんというか住宅街の中にある感じですね。

 

車1台が通れるような路地裏の道に駐車場と一緒に並んでいるのが喫茶店「ヒポポパパ」

上記でも紹介しましたが入口付近にはわかりやすい看板が。

こちらお店の全体。

※ 注意書きがありました。

注意書きがあるということは以前にこういったお客がたくさんいらっしゃったのでしょうね。
そりゃ飲食店ですし衛生的にもちゃんとしないといけませんよね。お店もお客様も。

 

案内されたカウンター席は2人用に仕切りがあっていい感じ。

また目の前には海水浴場が展開されており、夏だったので海水浴を楽しむ風景が広がっていました。

ちょうどお昼時だったのでランチを注文。


ランチメニューは1000~。

注文したのはステーキランチと、

シーフードグラタンランチ。

喫茶店のメニューと考えるとまだましな価格帯で味はふつう。
どことは言いませんが神戸市灘区の方にある喫茶店とかはもっと値段も高くて二度と行きたくない味だったりしましたから。。。

 

そして、いざ水族館トイレへ!
…と思ったら水族館トイレって女子トイレなんですね!

これが水族館トイレ!

ということで妻にお願いして撮ってきてもらうことに。

女子トイレに入ると奥に自動ドアがあるらしく、その自動ドアが広がると…

 

 

 

 

 

はい出ました!

これが噂の水族館トイレ!

写真だと動きがわかりませんが妻が言うには透き通った水に色とりどりの魚たちが楽しそうに泳いでいたそう。

なんか一匹だけじっと動かない魚もおったみたいです。目が合ったとか言ってた。
魚と目が合うとかわかるものなの?さかなクンじゃあるまいし。

ほんと女性限定というのが残念でした。

男性のトイレはこんな感じ。


男性トイレも棚があって広々と感じる作りのお手洗いでしたね。

ヒポポパパへのアクセス

最寄り駅はどこ?

最寄り駅は山陽電鉄の林崎松江海岸駅。
その名の通り海水浴場が近くにある駅で、明石市民が夏には集まるエリアです。

林崎松江海岸駅下車して南(海側)に向かって歩くと県道718号線にでます。
そのまま横断すると住宅街になります。
住宅街をまっすぐ歩いていきます。入り組んでいますがとにかく進む。
すると海が見えます。海に出たらその道沿いに大きな看板が。

そこがヒポポパパです。
どうですこの案内。雑でしょう。でもこれでいけます。

さいごに

女子トイレなので男性は体験できませんが、お店の人に相談したら女性同伴で体験できるみたいですね。

だた「女性同伴必須」なので男性グループだけで行くとお目にかかれません。

 

だからこれを口実にデートに誘うのもありでは?

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 


-明石市, 食事・カフェ

Copyright© 兵庫の車窓から・・・観光名所やスポット・名産品などの情報ブログ! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.